口コミで話題!北千住で評判の全身脱毛サロンをご紹介!

脱毛後の毛嚢炎を防ぐ方法

公開日:2020/04/15  最終更新日:2020/06/08
    

毛抜きやブラジリアンワックスなどを使用して除毛をした場合、後から毛嚢炎と呼ばれる症状が出た経験はありませんか。脱毛をした後にニキビのように赤く腫れあがっている状態のことを指す言葉ですが、ならないようにするためにはいったいどうしたらいいでしょうか。

なってしまう主な原因を知っておく

別名毛包炎と呼ばれ、皮膚の病気として知られている毛嚢炎は、毛穴の奥にある、毛を包む毛包と呼ばれる部分の炎症によって起こります。毛穴の奥に雑菌が入ってしまい、炎症を引き起こすのがおもな病状ですが、最も大きな原因としてあげられているのは脱毛後のケア不足です。

ニキビと似ており、ニキビの原因として毛嚢炎があげられることもありますが、すべてのニキビがそうであるとは限りません。そのため、同じような症状であっても、ニキビではないことを理解してケアや防止策をとることが肌を守るためには必要といえるでしょう。

脱毛後のケアが不足していると、毛を抜いた後の毛穴に雑菌が繁殖しやすくなってしまうため、医療機関やサロンなどで抜いた後は自分でもセルフケアをすることが必要です。なお、炎症が強いタイプとしては男性のひげが多いといわれていますが、炎症がそれほど強くなくても引き起こされるのが特徴となっています。

肌の負担をなるべく軽減するように、定期的に雑菌が入らないように衛生的な環境を維持することが肌を守るコツであるため、参考にしてください。

抜いた後どんなところによくできるのか

主に毛嚢炎ができやすい場所としてあげられているのは、上半身の場合は額や背中、ワキなどで、女性にできやすいといわれています。また、下半身の場合、VIOやふくらはぎ、太もも、ひざとなっていますが、すべての人がケアをしなければできてしまうというわけではありません。

毛穴のケアをすることによって肌がきれいになり、肌トラブルの解消などが期待できるため、雑菌が繁殖しにくく健康な肌でいられる可能性が高いです。特にVIOは適切なケアをしないと蒸れて雑菌が繁殖しやすく、できてしまう可能性が高いため、衛生面で注意を払いつつきれいにケアをしましょう。

季節によっても異なりますがとくに脇の下とVIOに関しては、細心の注意を払ってケアをおこなえるようにすること、なるべく雑菌が繁殖しないように対処することが必要です。適切にケアをしておかないと肌に色素沈着が起こってしまい、残ってしまう可能性が高くなるため、早めにケアをおこなってください。

どんなケアをすれば防ぐことができるのか

最も大切なのは衛生的な場所となるように心がけることで、こまめに洗って雑菌が繁殖しないようにしてください。とはいえ、洗い方に気を付けなければ炎症が発生してしまう可能性が高いため、洗い方には十分気を付けてきれいにしましょう。特に脱毛した直後の肌はとてもデリケートであるため、ナイロンタオルなどで音を立ててこするような強い洗い方は避けてください。

肌に刺激を与えるような強いせっけんやボディーソープは避け、なるべく肌に優しいタイプでしっかり泡立て、優しくなでるように洗うよう心がけましょう。綿のタオルを使い、肌に当たっても痛みを感じないように、タオルが直接触れないような洗い方をすることが肌を守るために必要です。

洗った後はしっかりと流し、入浴後すぐに保湿をおこなうことが毛嚢炎にならないような肌作りに必要といわれているため、保湿アイテムを準備して入浴しましょう。なお、ワキなどの部分は季節によっては日焼けしてしまう可能性があるため、日焼けしないように日焼け止めを定期的に塗ってください。

 

毛嚢炎は脱毛をした後の毛穴部分に雑菌が繁殖し、毛包と呼ばれる部分が炎症を起こすことによって引き起こされます。男性の場合はヒゲ剃り後にできやすいですが、女性の場合は脇の下やVIO、ふくらはぎや太ももなどにできる割合が比較的高いです。

作らない方法としては肌に優しい洗浄成分のせっけんやボディーソープをしっかり泡立て、泡で脱毛した部分を洗うように心がけてください。洗った後はしっかりと流して、入浴が終わったらすぐに保湿をおこなえるように準備してから入浴することが、肌を守るために必要です。