口コミで話題!北千住で評判の全身脱毛サロンをご紹介!

体調不良のときに脱毛はできない?

公開日:2020/02/15  最終更新日:2020/02/26
    

せっかく脱毛サロンの予約を入れたけれど、前日や当日に体調不良を起こしてしまった場合、どうしたらいいのかわからない人は多いです。北千住をはじめとした日本全国にある脱毛サロンでは、施術を受ける人が体調が悪いときにはどうしたらいいのか事前にアドバイスしています。

体の調子が悪いときとはどんな状態か

人によって「体の調子が悪い」の基準は大きく異なりますが、平熱を超えて熱がある場合には、絶対に施術を受けてはいけません。また、風邪を引いてくしゃみや鼻水が止まらないといった状態のときにも、くしゃみをした瞬間に施術している部分に影響が出る場合もあるため避けましょう。

特にくしゃみや鼻水、微熱があるなど風邪の症状がある場合には、エスティシャンや他のお客さんにも迷惑がかかってしまうため、絶対におこなってはいけません。熱がなければ出かけてもいいだろうと考えている人は少なくありませんが、感染した人が体調を崩す恐れがあるがあるため、避けましょう。

生理中の場合は肌の状態が通常よりも敏感となるため、肌に負担をかけないよう施術を受けることは避けるべきだといわれています。ただし、生理が近いときに月経前症候群と呼ばれる症状を引き起こしてしまいがちな人は少なくないため、生理前でも体調や心理的に不安や負担を感じる場合は出かけないで下さい。

もちろん病気ではなくても正常な心身の状況ではないときに行くことは避けたほうがいいといわれているため、生理だけではなく妊娠中・授乳中のときにも避けましょう。肌に負担をかけやすくなるばかりでなく、ホルモンバランスに大きな影響をもたらすため、健康面で不安を感じる可能性が高いといいます。

なぜ体調が悪化しているときには無理なのか

脱毛をおこなうときに使用する機械は肌の奥にある毛根のメラニン色素に反応して照射され、肌の奥の毛根が毛を生やさないようにする施術です。肌の奥のこととはいえ、肌自体にも照射したレーザーや光などの影響が残されているため、通常の状態でも冷やさないと腫れたり跡が残ります。

そのため、肌に負担をかけないためには調子がよくないときに行くことを避けて、肌に負担がかからないように施術をおこなうことが必要です。肌に負担がかからないようにするためには、怪我などをしたときにも部位によって体の調子が悪いと判断されることがあります。そのため、傷が完全に完治するまでは絶対に、施術を受けることができませんので、治ってから予約を入れるように注意してください。

女性の肌は特にデリケートなため、施術をおこなうのはあくまでも健康なときではないと毛嚢炎など毛穴の炎症や膿などのトラブルが発生するリスクも高いといわれています。治療を適切におこなって万全の状態のときにだけ健康について考えるだけではなく、いつでも健康のことを考えて施術をおこなってください。

調子を回復させることに専念することが必要

生理などによって調子が悪いときには、回復する頃を見計らって予約を入れておくことが望ましいでしょう。また、風邪などの場合には回復してから予約を入れたほうが、サロンスタッフに病気を移してしまう心配もなくなります。

さらに皮膚の怪我などの場合には完全に傷跡が完治しなければ脱毛器を当てることが難しいといわれているため、注意しておくことが必要です。特に跡が残るような傷跡の場合には、定期的に医療機関に通うことで傷跡が完治する可能性が高いといわれています。傷口が目立たなくなってから予約について相談をすることによって、完全に完治するまでサポートすることが多いため、確認してください。

また、それ以外の施術でも予約の変更について対応している可能性があるため、急で申し訳ないことを謝りつつ、調子が悪いことを伝えて予約を別の日に変えてもらいましょう

 

風邪などだけではなく、病気や怪我などで本調子を取り戻していない場合には、脱毛サロンに出かけるのは控えた方が良いでしょう。また、毎日の食生活やストレスなどで肌や受ける部位が荒れてしまうことはよくあることなので、肌荒れをしないようにアドバイスをもらっておくと、調子をキープしやすくなります。

定期的に肌の状態についてアドバイスをもらって実践することで、肌の美しさをキープしたまま無駄毛の処理を完璧にこなせるようになります。