口コミで話題!北千住で評判の全身脱毛サロンをご紹介!

脱毛する前日に気をつけることは?

公開日:2020/03/15  最終更新日:2020/03/27
    

北千住とはじめとした脱毛サロンで施術をおこなう場合、前日に禁止されていることや、避けたほうがいいといわれることについて伝えられることが多いです。

どんなことに気をつけて当日を迎えたらいいのか、どれくらいのことについて気をつけたらいいのかについて理解をしておくといいでしょう。

絶対にしてはいけないことはどんなことか

できるだけ前の日までに毛を短くしておくことが必要ですが、だからといって毛抜きなどで引き抜いては肌を傷めるため避けてください。それだけではなく、毛根にレーザーや光を照射して毛が生えてこないようにする形で施術をおこなうため、毛根がないと処理できません。肌荒れだけではなく、毛嚢炎、色素沈着といったトラブルが発生する可能性が高まるため、絶対に避けましょう。

また、日焼けを施術前におこなうことは、メラニン色素が皮膚に沈着してしまうため、レーザーによってやけどを生じてしまう可能性が高いです。肌が白ければ白いほど高い効果を発揮するといわれている機械を使っているため、絶対に日焼けをしないよう心がけましょう。

なお、サプリメントや医薬品を日常的に服用している人の場合、ほとんどのサロンで事前に確認をしなければなりません。特に頭痛薬などの鎮痛剤を服用してから施術をおこなうと、施術時に肌への痛みや異常を感じる痛覚が鈍くなってしまうため避けましょう。

さらに施術前後10日から2週間の予防接種は、かえって症状を悪化させる作用が懸念されているため、インフルエンザなどの予防接種はそれ以前か以後に済ませてください。また、アルコールによって肌への異常が発生する可能性が高いため、施術24時間前から1週間後までは肌を守るためアルコール摂取は避けましょう。

前の日までしておいたほうがいいこと

前の日までにしておいたほうがいいこととして、施術を受ける部位の無駄毛を短くカットしておくことですが、カミソリや毛抜きはやめてください。シェービング用の泡や専用の機械を使って毛を短くカットしておくことで、皮膚を傷つけずに毛を短くすることが可能です。

また、保湿をしっかりしておくことは重要なポイントですが、当日にクリームやオイルなどの乳液や美容液を使うと毛穴が詰まってしまい、光やレーザーが届きにくくなります。そのため、当日にはジェル系の保湿剤を使うため、保湿は前の日までしっかりおこなって肌の乾燥を防ぐことが重要です。

さらに部位によっては制汗剤を使うこともありますが、同じく毛穴が詰まってレーザーなどが届きにくくなってしまうため、避けましょう。飲酒やサプリメント、薬の服用を避けて早寝早起きをすることで、当日のコンディションを無駄毛の処理にふさわしい状況にしておくことが肝心です。

当日施術を受けてから避けたほうがいいこと

当日脱毛サロンで施術を受けてからは、体を穏やかに休めることに集中したほうがいいといわれているため、なるべく早く帰って休みましょう。

帰る前に運動をしておきたいと、プールやジムに通うことで、かえって肌に雑菌が繁殖する可能性が懸念されるため、避けてください。施術を受けたことによって、肌がデリケートな状態となっているため、肌に雑菌を繁殖させて感染症を引き起こさないために避けましょう。

温泉や岩盤浴やサウナなども同様の理由で、赤みや痒み、色素沈着などのリスクから肌を守るためには、絶対に出かけないでください。また、マッサージやエステサロンでのマッサージを受けることで、血液の流れが活性化して肌に負担がかかる恐れが強くなる恐れが強いです。

入浴もできるだけ湯船に浸かることを避けて、ぬるま湯のシャワーを浴びるだけで済ませておくことが肌を守るために必要となります。入浴後に保湿クリームなどを使いたくなる気持ちはわかりますが、毛穴に入るとニキビや吹き出物などが発生する可能性が強いため、避けてください。

 

脱毛サロンで肌に負担をかけないようにするための方法として、前日に気をつけておかなければならないことを伝えていることは事実です。適切に守ることで色素沈着などのリスクから回避することができるため、サロンで伝えられたことはなるべく避けて早寝早起きしましょう。

肌への負担を低減させるためには、なるべく規則正しい生活をおこない、肌に負担をかけにくくするためクリーム系などを使わずに、ジェルやスプレーなどで肌を保湿して身体を休めることが必要です。