口コミで話題!北千住で評判の全身脱毛サロンをご紹介!

脱毛テープとは?使い方のコツと注意点

公開日:2018/12/15  最終更新日:2018/11/21
    

ムダ毛の処理を自分で行う方法はたくさんあります。

カミソリや毛抜きは比較的安く簡単に行えますが、時間がかかったり何度もやらないといけないので面倒に感じる時もあります。

貼ってはがすだけの簡単な方法があるので試してみましょう。

 

 

 

 

毛抜きやカミソリに比べて簡単に処理ができる

 

人間は手足や背中などそれなりに毛が生えていますが、毛が濃く見えるところもあるので気になる人は処理をした方がいいでしょう。

一般的に自分で行うときの方法としてはカミソリや毛抜きを使います。

毛抜きは一本一本抜いていくのでかなり時間がかかりますし、抜くときに痛みが発することもありますが、抜くことでしばらく処理をする必要がありません。

カミソリは簡単ですが、すぐに生えてくるので処理の頻度が多くなるので面倒に感じるかもしれません。

そこで利用したいのが脱毛テープです。

処理をしたいところに貼り一気に剥がします。

効果としては毛抜きとほぼ同じですが、毛抜きのように一本一本ではないのでかなり楽に処理をすることができます。

 

いきなり貼るのではなく下準備をしておく

 

怪我をしたときに絆創膏などを使いますが、産毛などが生えているところに貼ると、剥がしたときに毛が抜けたりすることがあります。

絆創膏は傷口をふさぐための専用の医療具になりますが、ムダ毛を処理するための専用のアイテムとしては脱毛テープがあります。

こちらを使うと、肌をつるつるにしたいところに貼ってから、剥がすとその部分の毛を一気に抜くことができます。

しかし、きれいに抜くには事前の処理が必要になります。

まず貼る前に毛穴をしっかり開くようにします。

お風呂上りや、蒸しタオルを使ってもいいでしょう。

毛穴がしっかり開いた状態で密着させて貼り、一気に剥がすと肌への負担も少なくきれいに抜けます。

 

剥がした後のケアをして肌を傷めないようにする

 

ムダ毛の処理に脱毛テープを使った後に、アフターケアをしっかり行っていないと、痒みや炎症等の肌トラブルを引き起こす可能性が高くなります。

そうなった場合、まず剥がした部分を冷やしましょう。

一気に抜くと無理やり毛穴を開いた状態になるので、毛穴から雑菌が入りやすい状態になっています。

そのため、毛穴を閉じるには冷やすのが効果的です。

氷などで冷やすのではなく、水などで濡らしたタオルをしばらく当てておくだけで良いでしょう。

痛みが落ち着くぐらいまで冷やし、その後は保湿クリームなどで肌の状態を安定させるようにしておきましょう。

 

脱毛テープは、処理したいところに貼ってはがすだけですが、一気に毛が抜けるので痛みがあります。

またやり方を間違えると肌トラブルの原因になりますので、事前に毛穴をしっかり空けるようにし、処理後は毛穴を閉じることを忘れずに行いましょう。