口コミで話題!北千住で評判の全身脱毛サロンをご紹介!

脱毛前後の予防接種は大丈夫?脱毛の正しい知識

    

脱毛前後の予防接種

 

予防接種は子供たちが受けるイメージもありますが、大人でもインフルエンザの予防接種を受けることが多いものです。
毎年、冬になると、注射を打ってもらいに病院に行くという方もいるのではないでしょうか?
そんな冬シーズンは、脱毛を始めるにもちょうど良いタイミングで、通い始める人も多いかもしれませんが、インフルエンザや流行性感冒の時期と重なるがゆえに、注意が必要な季節でもあります。

 

 

脱毛と予防接種

実は、こういった予防接種を受けた場合には、脱毛をすることができません。
ご存知のように、予防接種は病原体のワクチンを身体に投与し、体内に抗体を作る医療法です。
接種後は、自覚症状のあるなしにかかわらず、身体は病原菌と闘っていますから、いつも以上に体力やエネルギーをハードに使っています。
個人差はあるものの、人によっては、微熱が出たり、身体がだるくなったりする場合もあります。
また、医師からは予防接種後は、運動したり、入浴したりせず、なるべく安静に過ごすようにと言われますよね。
そのように、知らずしらずに身体に負担をかける予防接種後は、肌の状態もいつもとは違っています。
肌のバリア機能が下がったり、敏感肌になったりしていることも多いため、脱毛のような刺激は身体や肌には強すぎ、NGとなるのです。
脱毛が肌トラブルの原因になったり、体調が悪くなったりする場合もあるため、脱毛サロンの対応も慎重なのです。
それでは、予防接種の前後はどれくらいの期間を空ければよいのでしょうか?
施術前はいつまでに予防接種を済ませておけばよいのか・施術後は何日ぐらいで予防接種をしてもよいのか、これは、脱毛サロンによって対応がそれぞれ異なっています。

たとえば、「前後14日は不可」というサロンもありますし、「前後4日間は不可」というところもあります。
他に、「前後10日はNG」、「前2日、後7日NG」、「脱毛当日には向かない」、「予防接種後、赤みや腫れのひかない人はNG」など、さまざまです。

サロンによっては、脱毛できない期間が意外と長くて、ちょっと驚かれたかもしれませんね。
予防接種のリスクを避けるために、少し長めに設定されているところもあるかもしれませんが、可能な限り、無理をしないに越したことはないでしょう。

問い合わせしてみましょう

ここ北千住エリアにもさまざまな脱毛サロンが点在していますが、サービス内容を確認すると、やはり予防接種前後のいつからいつまでがNGなのかという規定にはバラツキがあります。
ですので、詳細が知りたい場合は、公式サイトでサービス内容を確認するか、そこに記載がなければ、お問合せフォームから問い合わせたり、電話で尋ねてみたりすると確実で安心でしょう。
また、インフルエンザや流感の注射を行う機会が増える冬場は、脱毛の予約も慎重に入れるといいですね。
先に予防接種の日を決めるなり、予約するなりしておき、その日に合わせて脱毛の予約日を考える。
あるいは、その逆で脱毛サロンの予約を先にし、それに合わせて予防接種の日にちを決めるなど、スケジュール調整しやすい方法で、2つのアポを取りましょう。
脱毛と予防接種の間隔は、できれば、2週間ぐらい開けておいた方が無難です。
念のため、予防接種のことをサロンにも報告・連絡しておくことも忘れないようにして下さいね。
ところで、予防接種以外にも、脱毛後にはしてはいけないことがあるのはご存知でしょうか?たとえば、入浴、岩盤浴、サウナなどは必ず1日空けること、お肌のエステ、マッサージなども施術後1日空けましょう。飲酒は12時間NGです。また、ハードな運動や日焼けも避けましょう。こういった注意事項は脱毛サロンのカウンセリング時などにお話しされたり、紙に書かれたものをもらったりするかもしれませんが、よくわからない場合は、どんなことでもサロンに確認を取り、安全かつ、効果的にお手入れを進めていけたらいいですね。

 

 

ランキングはこちら