口コミで話題!北千住で評判の全身脱毛サロンをご紹介!

乾燥肌は脱毛できない?その理由とは

    

乾燥肌は脱毛できない?その理由とは

お肌の表面だけ潤って内部は乾燥している、肌が粉拭いててかゆみを感じるという人はいませんか?
得に冬場は空気が乾燥するので、いつも以上にお肌が乾燥してしまいます。
そのため、朝と夜2回保湿をしなければいけません。
脱毛をするとき、医師やエステティシャンがお肌の状態を確認します。
乾燥すると脱毛が出来ないという情報を聞いたことがある人もいるかもしれません。
では、なぜ肌が乾燥すると脱毛が出来なくなるのでしょうか?

 

乾燥した状態で脱毛をすると?

御肌が乾燥していると、粉をふいたり触り心地もカサカサとしています。
肌の内部の水分は減少し、表面は皮脂でべたべたします。
通常お肌が潤うと肌のバリア機能もしっかりとしているので、肌が荒れにくく外部からの刺激にも耐えられます。
脱毛をしても痛みを感じにくく、脱毛効果も高く、するんと抜けやすくなります。
脱毛はおよそか2か月に一度行われるので、次の脱毛効果もアップさせます。

 

では、お肌が乾燥した状態で脱毛をしたらどうなるのでしょうか?

①乾燥をした状態で脱毛をしてしまった場合、まず痛みを感じやすくなります。
②照射することで炎症を起こすので、さらに乾燥が進んでしまう事もあります。
乾燥すると肌のバリア機能は低下しているので、肌が荒れたり火傷をします。
④ 肌が潤うと施術をしても肌が荒れることがありません。
しかし肌の潤いが少ないということは、肌の内部にそれだけ熱がこもってしまう事になります。
お肌に潤いがある状態でも、照射をすると肌の内部に熱がこもるので、肌が乾燥するとそれだけ熱がこもりやすく火傷をします。
通常火傷すると冷やしたタオルでしっかりと肌を冷やします。
肌を冷やすことで炎症はだいぶ収まります。
しかし、乾燥肌の人は火傷が治りにくかったり跡が残りやすくなってしまいます。
もし次の日まで赤みやひりひり感が残っている場合はすぐに皮膚かを受診しましょう。

◆光脱毛の場合、光の出力は弱いので、あまり火傷をする心配はありません。
◆しかし、レーザー脱毛の場合は出力が強いので火傷の可能性が高くなることがあります。

◆光脱毛の場合はエステサロンで脱毛をするので、やけどをしたらスタッフとともに医療機関へ受診します。
◆一方でレーザー脱毛は医師がいるので、何かトラブルがあってもすぐに診察を行い適切な治療を行います。

 

しっかり保湿ケアをすることで脱欧効果を高めます

〇毎日の保湿が大事
乾燥肌やアトピー肌の人はお肌のうるおいが不足しています。
肌が乾燥すると通常はウイルスなどの外部刺激から肌を守ることが出来ます。
しかし、潤いが不足するとこのバリア機能は低下し、外部刺激から守る力が弱くなってしまいます。
冬は気温も低くて空気も乾燥していることから、御肌の水分はすぐに奪われてしまいます。
①そのため、朝と晩しっかり保湿をすることで、肌の潤いが保てます。
②保湿ローションをしたら必ずふたをするためにクリームをすることを忘れないでいてください。
③脱毛をする当日にしっかり保湿をすれば大丈夫なのではと思う人もいます。
実は当日になっていきなり保湿をしても、肌の表面はしっかり潤いで満たされますが、肌の内部は乾燥状態です。
この状態で脱毛をしたとしても、痛みが強く、施術後に様々なトラブルになるのでやめましょう。
④体の水分が少ないと、御肌も水分が不足することもあります。
冬は体内の水分量も減ってしまいます。
ですから、冬は肌だけではなく体の水分も重要です。

〇まとめ
脱毛をすればお肌の保湿ケア効果を高め、見た目も綺麗で触り心地も改善します。
誰から見られても自信を持つことが出来るので、お洒落なファッションも楽しむことが出来ます。
脱毛をするなら普段からしっかり保湿をして脱毛効果を高めましょう。