口コミで話題!北千住で評判の全身脱毛サロンをご紹介!

生理中でも脱毛できる?脱毛と生理の深い関係

    

生理中でも脱毛はできるのでしょうか?
「スケジュール調整し、苦労して取ったサロンの予約なのに、生理日と重なってしまった。キャンセルするしかないの?」と迷われる方も多いかもしれません。脱毛サロンに通う周期は1~3ヶ月に1回となるため、人気サロンだと、その日を逃すと次の予約がずいぶん先になってしまう可能性だってあるでしょう。
実は、生理と脱毛には深い関係があります。ここではそういった内容を交えながら、お話していきたいと思います。

 

生理中に脱毛できない理由

結論から言いますと、《生理中の施術は受け付けません》という脱毛サロンが多くなります。ただし、「すべての部位の施術を受け付けない」ところと、「VIO以外の脱毛は受け付けます」というサロンがあります。

VIOやデリケートゾーンの脱毛は、経血で機器やベッドを汚しかねませんし、衛生面でも問題があります。当然ながら、施術を断られることは予想がつきますよね。

VIO以外の部位であれば、施術OKのサロンもありますが、生理中はホルモンバランスに崩れがあるため、施術はオススメできません。ホルモンバランスの崩れとは、主にエストロゲンの減少によるもので、生理中は美肌効果のあるホルモン・エストロゲンの減少により肌のバリアが低下しますので、肌荒れ、肌トラブルを起こしやすくなります。

また、生理中は身体全体も不調になりやすく、腹痛・腰痛・吐き気・眠気などさまざまな症状を持つ方も多いことでしょう。そんな時に身体に負担をかけることは、もちろん良くありません。こういった理由から、生理中の施術は避けた方が無難です。

施術に一番適した期間は、いつ?

ところで、このような女性ホルモンの変化を逆に、脱毛にうまく役立てる方法もあります。先ほど申しましたエストロゲンですが、卵胞ホルモンとも呼ばれ、生理周期の安定や丸みを帯びたボディラインの形成、美肌効果などの女性らしさを担っています。エストロゲンが多く分泌されるのは、生理の終わり~排卵日までで、だいたい4~6日続くと言われています。実はこの時期が、女性の周期の中でも一番肌の状態が良く、肌も水分を多く含んでいます。なので、この時期に脱毛することは施術の痛みも少なく、脱毛効果も高いと言えるでしょう。サロンの予約を取るなら、この時期が一番オススメです。

また、次に適した時期は、排卵期です。だいたい1週間ほど続きますが、この時期もホルモンバランスがまずまず安定しているので、脱毛に適していると言えます。ただし、排卵期は、腹痛や吐き気、頭痛といった症状を感じる人もいますので、そういった方は無理をしない方が良いでしょう。なお、生理の1週間前の黄体期と呼ばれる時期は、生理中と同じくエストロゲンの分泌は減少傾向にあり、ホルモンバランスも不安定なため肌トラブルが出やすく、施術に適しているとは言えないでしょう。

生理によるキャンセルのペナルティについて

サロンの予約は何ヶ月か前に取ることが多く、生理の周期は予想通りには行かないものです。予定より早く来てしまったり、遅くなったりと、脱毛サロンの予約日と生理が重なってしまうこともあるでしょう。そんな時、生理を理由にキャンセルした場合、ペナルティはどうなるのかも非常に気になるところです。

たとえば、ここ北千住の脱毛サロンですが、生理によるキャンセルの対応はサロンによってさまざまです。「施術当日に生理が来てしまった場合、チケット消化はありません」、「予約の2日前までに連絡が必要で、それを過ぎるとキャンセル料がかかります」、「生理による当日キャンセルはキャンセル料が発生しません」、「回数パックプランの場合は前日まで変更可能。月額制コースはその月に施術できないと1回消化になります。生理と重なりそうなら、早めに相談して下さい」などいろいろです。なので、生理と重なりそうなことがわかった時は、その時点で早めに連絡をして相談するなり、予約日を変えてもらうなりすると良いかもしれませんね。

なお、プロの脱毛に限らず、自宅でのセルフのムダ毛処理も、同じく生理中は極力しない方が賢明でしょう。想像以上に肌が敏感になっている生理中は、自己処理のリスクをさらに高めることになってしまいます。

 

ランキングはこちら