口コミで話題!北千住で評判の全身脱毛サロンをご紹介!

脱毛へ行く時は何が必要?準備と持ち物一覧

    

脱毛へ行く時は何が必要?準備と持ち物一覧

そろそろムダ毛の処理を始めようとしている人も多い中、どんな処理がいいのか悩んでいる人もいるでしょう。
特に自己処理が初めての人や、肌が弱い人の場合、どんな方法が自分にあっているのか分からないと答える人もいます。
一言で脱毛と言っても色んな方法があります。
カミソリで処理をする方法、毛抜きで一本ずつ地道に処理をしていく方法、市販の脱毛剤を使用した処理方法などいろんな方法があります。
一見するとこれらの方法は手軽で好きな時に好きな場所で出来、お金もかからないことが魅力の一つです。
ですが、これらの方法は刺激が強く、かぶれやかゆみ、炎症など肌トラブルを招く原因になってしまいます。
そのまま無理して脱毛をすると、皮膚科へ受診をすることになります。

〇そんな人におすすめ脱毛方法は光脱毛
光脱毛は肌にとてもやさしく、痛みを感じにくいということで幅広い人から利用されています。
最近お子様の脱毛で通われている人もいますが、実はその時の脱毛もこの光脱毛です。
痛みをあまり感じられないこと、VIOなどのデリケートな場所でもほとんど痛みを感じないことから、この光脱毛は人気です。
近年では男性の脱毛も浸透し、男性専用のsalonもできていますが、その時の施術方法も光脱毛です。
それほど今は光脱毛が主流となっています。
ムダ毛を処理するには、サロンへいって予約をし、それから脱毛となりますが、脱毛をする際に必要なものは何でしょうか?

 

脱毛をするためには何を準備すればいいの?

脱毛をするための準備の中に事前処理が含まれています。
この事前処理とは今生えているムダ毛を剃ることです。
ムダ毛が未処理のままだと脱毛効果も半減してしまい火傷を起こす過剰性が高くなるからです。
処理をするときもカミソリは厳禁です。
カミソリは肌を削ってしまいカミソリ負けが発生します。
カミソリ負けをすると肌が赤くなってしまったりひりひりして痛みを感じます。
ですから、カミソリではなく電気シェーバーでしっかりと脱毛をします。
もし、背中やうなじなど手が届きにくい場所の場合は、スタッフがお手伝いをするので安心してください。

〇やってはいけない事前処理
毛抜きで抜くことです。
脱毛をするときに光を当てるのですが、その特殊な光はムダ毛の色素に反応します。
ですから、ムダ毛を抜いてしまっては脱毛効果はありません。
抜いてしまった毛は次生えてくるのは1年後です。
それではせっかくの時間とお金が無題なります。

〇事前処理の方法
抜かずに電気シェーバーで剃るだけです。

〇持ち物
・契約をする際に身分証明書が必要になります。
・免許証やパスポートなどの身分がわかるようなものを持参します。
・契約書を書いた後に押すハンコ、口座引き落としにするなら通帳を持ちましょう。

 

契約が完了すれば特に必要なものはありません

契約をするときは、身分証明書やはんこなど必要なものがいろいろ出てきますが、契約を済ませると特に必要なものはありません。
毎回予約をして、サロンへ来るときも会員証があればあとは大丈夫です。
その都度支払いという訳でもなく、大金を持ってこなければいけないというわけではありません。

〇医療脱毛の場合
診察券や保険証はもちましょう。
万が一火傷など肌トラブルになったことを想定し、お薬手帳は持参するといいでしょう。
女性だけでは無く男性専用の脱毛サロンも同じです。
最初は契約をするので色々荷物が必要になりますが、契約後は手ぶらで来ることが出来ます。
これから暑くなるので、脱毛をする人はどんどん増えていくでしょう。
その際、何が必要なのか、あらかじめ聞いておくと当日は忘れ物もなくスムーズに脱毛が出来ます。