口コミで話題!北千住で評判の全身脱毛サロンをご紹介!

妊娠しても脱毛はできる?妊娠と正しい脱毛ガイド

    

妊娠しても脱毛できるか

 

妊娠中でもムダ毛処理などをして、なるたけキレイな妊婦さんでいたいですよね。けれども、脱毛は胎児への影響があるようにも思えますし、脱毛サロンやクリニックに通っている場合、妊娠すると施術が受けられなくなるの…?と不安に思うかもしれません。サロンに通っている最中に妊娠した場合ですが、妊娠が判った時点で、サロンへきちんと伝えることが重要になります。ここ北千住の脱毛サロンの中には、妊娠が判った時から、出産後何ケ月間は、施術は受けられないとしているところが多くあります。そのように、どこのサロンでも妊娠が判ると、施術はいったん休止になります。既に妊娠している方がサロンへ入会をすることも当然、断られます。

 

 

妊娠中に脱毛ができない理由

サロンやクリニックが妊娠している方を施術しない理由とは何でしょうか?

ひとつには、妊婦は「肌の状態が不安定」なことが挙げられます。妊娠中はホルモンバランスが崩れるため、肌が過敏になります。ちょっとした刺激も肌への大きな負担になるため、肌荒れや肌トラブルが起こりやすくなります。施術時に以前は感じなかったような強い痛みを感じたりする場合もあります。

また、施術によって、妊婦が「体調を崩してしまう可能性」もあります。同じ体勢での長時間の脱毛は身体に負担をかけることもありますし、薬品のにおいに吐き気をもよおしたりすることもあります。つわりなどで気分が悪くなったときも、サロンやクリニックでは対応しきれません。このようなトラブルやリスクを回避するためにも、妊娠中の施術はしないのです。

あるいは、妊娠中は、「プロゲステロンというホルモンの分泌」が増えます。このホルモンによって、ムダ毛が濃くなったり、身体全体が毛深くなったりすることがよくあります。一説には、胎内の大切な赤ちゃんを守るため、身体の毛が増えると言われています。そんな時期にムダ毛を処理しても効果は得られず、すぐにまた生えてくるということになります。さらに、妊娠中は「精神的にも不安定」になりますので、なるべく余計なストレスをかけないためという理由もあるのです。

妊娠発覚後のサロンの対応は?

なお、妊娠が判った場合、サロンやクリニックの多くは、休会、あるいは、休止扱いにしてくれるでしょう。当然ながら、きちんと妊娠を申告することで適用される制度になりますので、判った時点でサロンに報告しましょう。ただし、休会や休止の期間はサロンによって、さまざまです。また、サロンの中のコースによっても期間や条件が異なってきます。

たとえば、大手の某脱毛サロンの、〈回数無制限コース〉では、「休会期間は無制限」、「再開条件は出産・授乳終了後」とされています。〈フリーセレクトコース〉では、「休会期間は最後の施術から5年以内」で「再開条件は生理が2回以上来ていること」となっています。また、別の大手脱毛サロンの〈期間無制限コース〉では、「休会期間は連絡すれば無制限」となっており、「再開条件は出産・授乳終了後」となっています。また〈回数コース〉では、「休会期間の残数は減りません」としており、「再開条件は生理が2回以上来ていること」としています。あるいは、他の大手サロンの〈回数パックコース〉では、「休会期間は最大5年保証」とされ、「再開条件は回数によって異なる」となっています。こちらには、〈中途解約コース〉があり、「休会期間はもう一度同じ契約ができる」とされ、「再開条件は手数料・解約金なし」となっています。

妊娠の可能性のある場合は、最初から「無制限コース」がベター

サロンによって、休会期間が無制限の店舗もあれば、期間が決まっているお店もありますので、結婚や妊娠の可能性がある場合は、最初から無制限にしておく方が無難です。また、子供が少し大きくなってから、脱毛を再開したいという方も、休会期間が無制限か、無条件で中途解約や再契約ができるサロンが良いでしょう。

 

最後になりましたが、妊娠中にどうしてもムダ毛の処理をしたい時もあるかと思いますが、その場合は、カミソリか、電気シェーバーを使用し、場所もワキ・腕・脚ぐらいにとどめ、短時間で済ませるようにしたいものです。妊娠中は痛みに敏感になるため、毛抜きや脱毛テープはオススメできませんし、除毛クリームなども化学成分が皮膚から吸収されるので、やめておいた方が安全です。

 

 

ランキングはこちら