口コミで話題!北千住で評判の全身脱毛サロンをご紹介!

脱毛に生理は関係ある?知っておきたい脱毛と生理の関係

    

脱毛に生理は関係ある?知っておきたい脱毛と生理の関係

これから脱毛を考えている、今年の夏こそ海に行ってお洒落な水着を着たいという人はいませんか?
もう素手にことしの夏の予定を考え始めている人もおり、今から楽しい予定に胸を時めかせている人もいるかもしれません。
水着を着た時、パンツからムダ毛がはみ出てしまい恥ずかしい思いをしたという人はいませんか?
前日に処理したはずのムダ毛がもう生えてきてしまい、未処理の毛を見られて恥ずかしい思いをしたという人もいるかもしれません。
お肌はいつどこでみられてしまうか分かりません。
いつ見られてもいいように、きちんとムダ毛処理をするようにしましょう。
女性の多くがやってくる生理。
生理期間中はおなかも居たくなるし、肌の調子も悪いという人もいるでしょう。
夏になると脱毛の予約が取りにくくなってしまうので、なるべくならキャンセルをしたくないですね。
では、生理期間中に脱毛をすることが出来るのか、施術中の痛みはどうなのでしょうか?

 

生理中は痛みが増すことがある?

生理とは月に1度音訪れる生理現象です。
通常私たちは妊娠に備えて支給の中に内膜というものが出来上がります。
排卵をして受精すると、受精卵は卵管を通って排出され、子宮内膜の上部に着床し、胎盤が形成され赤ちゃんを育てていきます。
この妊娠が成立しないと、ホルモンの関係で子宮内膜がはがれ落ち、経血とともに排出されます。
これを生理といいます。

〇生理期間中のお肌はデリケート
・皮脂が過剰に分泌されて肌が荒れやすくなってしまい、だるくなったりなど様々な変化が現れます。
この時期はホルモンの影響から、痛みを感じやすくなってしまいます。

・お肌もデリケートな状態なので、赤くなったり荒れてしまう事もあります。
すぐに冷やすことで症状は軽減しますが、生理中に薬を飲んでいる場合、その薬の成分に反応してしまって火傷になってしまいます。
やけどをすると皮膚科へ暫く通わなければいけません。
また脱毛サロンお場合は医師がいるわけではないので、スタッフと病院へ行きます。
そのため、診察が遅れて跡が残ることもあります。

・生理中VIOの脱毛はできません。
陰部から出血をしているということから衛生上よくないからです。
夏はVIO脱毛をすると、水着から陰毛がはみ出ないので人気のコースなのですが、生理期間中はサロンから断られます。

 

いつもより保湿をしっかり行いましょう

〇体調を考えて施術しよう
・生理期間中は皮脂が過剰分泌され、肌が荒れやすくなります。
皮脂が分泌していると肌が潤っていると勘違いをしてしまう人もいますが、実は肌の内部は乾燥しており、潤い不足です。
この状態で脱毛をすると痛みが強く感じてしまい、やけどや肌荒れになります。
毎日しっかりと保湿をし、ムダ毛処理がスムーズに行われるようにしましょう。

・脱毛をする前、エステティシャンの方が肌の確認をしますが、薬を飲んでいるかいないか確認をされます。
薬をのんでいると施術はできないので気を付けましょう。

・また、人によって生理中は痛みで寝たきりになってしまう事もあります。
生理期間中は体調も変化しやすいので、無理をして脱脳へくる必要もありません。
確かにサロンによっては当日キャンセルは脱毛1回消化という形をとっているところもありますが、事情を話せば消化というペナルティは避けられます、ただし何も連絡がないとペナルティになるので気を付けましょう。

・生理期間中体がデリケートで、具合が悪くなることもあります。
痛みを感じる場合は遠慮せずスタッフの方へ伝え出力を弱くしてもらいましょう。
これから夏に向けてどんどん脱毛をする人が増えるでしょう。
脱毛を効果的にやるためにも、生理期間中は無理せず生理日以外に受けるようにしましょう。